• 石ノ森章太郎・早瀬マサト著の漫画『シージェッター海斗』を電子書籍化!
  • 石ノ森章太郎・早瀬マサト著の漫画『シージェッター海斗』を電子書籍化!
2019.07.23

石ノ森章太郎・早瀬マサト著の漫画『シージェッター海斗』を電子書籍化!

(C)石森プロ (C)早瀬マサト

石ノ森章太郎のラフスケッチから早瀬マサト(石森プロ)の手によって、石巻市・石ノ森萬画館のヒーローとして2004年3月に誕生した・シージェッター海斗は、特撮ヒーロー・玩具情報誌『ハイパーホビー』(月刊)で連載され、2012年単行本第1巻が発売、2014年に2巻と3巻が同時発売されたヒーロー漫画。その『シージェッター海斗』(全3巻)をこの度電子書籍化し、2019年7月23日(火)0:00より配信する!

『シージェッター海斗』は、海底に住むウミナリ族と地上に住む人間(ウミナリ族には「ジバシリ族」と呼ばれている)との間に生まれた少年・鳴海光真を主人公に、ウミナリ族を統治しているヒメラニアン帝国・皇帝オクターノルとの戦いを描いている。

敵の秘宝を使ってヒーローとなりウミナリ族とジバシリ族の間で苦悩する主人公は、まさに石ノ森イズムを継承する早瀬マサトにしか描けないヒーロー漫画だ。

そこでシージェッター海斗誕生15周年の今年、石巻市の石ノ森萬画館のヒーローである「シージェッター海斗」にちなんで、石ノ森萬画館の開館記念日である7月23日(火)に配信することが決定した!

主に、Kindle/BookLive!/LINEマンガ/Renta!/ebookjapan/BOOK☆WALKER/コミックシーモア/DMM.com/honto/kobo/dブック/Readerstore/ブックパス ほかにて配信予定。※サイトによっては配信開始がずれる場合があります。

ぜひシージェッタ—海斗を読んで、石ノ森萬画館限定上映の実写版『シージェッター海斗 特別編』(制作:東映)も観に行って欲しい。石ノ森萬画館でしか買えない海斗グッズも販売中だ。


『シージェッター海斗』1巻/著者:石ノ森章太郎 早瀬マサ

海底に潜むヒメラニアン帝国が地上侵攻を進める中、そのことを人間に伝えようと皇帝オクターノルの娘・メイムは地上へ行き、ウミナリ族の秘宝“海斗の鎧”を装着できる少年・鳴海光真と出会う。この出会いによって、鳴海真光は一人、シージェッター海斗として戦う宿命を背負う。巻末には石ノ森章太郎によるラフ画、故・韮沢靖が手掛けたヒメラニアン帝国のクリーチャーデザイン画、そのほか海斗情報も掲載。

『シージェッター海斗』2巻/著者:石ノ森章太郎 早瀬マサト

海底に住むウミナリ族の皇帝オクターノルは、ヒメラニアン帝国で自らの同族を兵士として強化改造し、さらに地上からも人間をさらって戦闘員に仕立て上げていた。ウミナリ族の秘宝“海斗の鎧”を装着できる少年・鳴海光真は、母が遺した剣・ミツルギを手にシージェッター海斗となって戦う。巻末には東映の特撮チームによって制作され石ノ森萬画館でのみ上映されている実写版『シージェッター海斗 特別編』を紹介。さらにキャスト&スタッフから佐藤祐基、高岩成二、宮崎剛、水木一郎、遠藤正明によるインタビュー(抜粋)を再掲載。

『シージェッター海斗』3巻/著者:石ノ森章太郎 早瀬マサト

ヒメラニアン帝国の皇帝オクターノルは、海底に暮らす同族のウミナリ族を次々と強化改造し地上へ送り込んでいた。人間の母とウミナリ族の怪人・ファリンクスを父に持つ鳴海光真は、ヒメラニアン帝国の地上侵攻を食い止めようと、シージェッタ—海斗となって立ち向かう。ヒメラニアン帝国に息子を奪われた記者・風祭三郎や、光真に手をさしのべてくれる謎のおやっさん、改造された皇女・メイム……物語は怒濤のクライマックスへ! 巻末には志条ユキマサによるシージェッター海斗、ファリンクス、クラブアビシス、シャークアビシスの内部図解を掲載。

※石ノ森章太郎の「ノ」は1/4角下揃えが正式表記になります。

(C)石森プロ (C)早瀬マサト

文/村北恵子

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事

top