• 声優・梶原岳人アーティストデビュー決定!『ブラッククローバー』EDテーマに抜擢!
  • 声優・梶原岳人アーティストデビュー決定!『ブラッククローバー』EDテーマに抜擢!
2020.08.31

声優・梶原岳人アーティストデビュー決定!『ブラッククローバー』EDテーマに抜擢!

声優・梶原岳人アーティストデビュー決定! TVアニメ『ブラッククローバー』EDテーマに抜擢!

声優・梶原岳人のアーティストデビューが決定し、デビューシングル『A Walk』がテレビ東京系にて人気放送中のアニメ『ブラッククローバー』の新エンディングテーマに抜擢されたことが明らかになった。また、原作者の田畠裕基や共演する諏訪部順一らからの激励メッセージも到着した。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて絶賛連載中の『ブラッククローバー』(著:田畠裕基)は、シリーズ累計1000万部を超える人気作品。魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年アスタとライバルのユノが、魔道士の頂点 “魔法帝” をめざす、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー超大作で、2017年にアニメ化されて以来、ド迫力の魔法バトルシーンや個性的なキャラクターたちが繰り広げる群像劇が少年アニメの王道として注目され、現在はアニメオリジナルストーリーが放送され話題となっている。
そんなTVアニメ『ブラッククローバー』の、9月1日(火)からの新エンディングテーマに声優の梶原岳人のデビューシングル『A Walk』が決定した。

梶原は2017年に本作の主人公アスタ役で声優デビューを果たし、以降、TVアニメ『炎炎ノ消防隊』(森羅日下部)やテレビアニメ『シャドウバース』(竜ケ崎ヒイロ)など数々の作品で主役の座を射止めてきた。そして、2020年には第14回声優アワード新人男優賞を受賞。今、乗りに乗っている若手声優として存在感を放っている。

梶原は、アーティストデビューと『ブラッククローバー』EDタイアップの決定を受けて「ブラッククローバーのおかげで、僕が自分の中に積み上げてこれたたくさんの財産を、今度は僕が別の形でブラクロに恩を返せるようになれればと思います!」と熱い想いを語った。
今回の楽曲『A Walk』は、梶原の言葉や考えが強く反映されている。『ブラッククローバー』でアスタを演じながら培ってきた想いが、どのように楽曲を彩っているのか期待が高まる。

そして、梶原本人の希望でカップリング曲は梶原自らが作詞。今現在の等身大の自分で作詞に挑戦しており、アーティストとしての梶原岳人がよりダイレクトに感じられる楽曲になっている。
さらに、CD特別盤では本人作詞のカップリング曲をもとに人気劇団ヨーロッパ企画所属の脚本家を招いての、没入感あふれるボイスドラマの制作が決定した。
デビューシングル『A Walk』は、2020年11月25日(水)発売となる。

さらに、総勢8組の『ブラッククローバー』のスタッフ、出演者からサプライズで激励メッセージが到着。原作者の田畠裕基やテレビアニメ監督の吉原達矢からはイラスト付きで、本作にて共演している諏訪部順一、島﨑信長、優木かな、室元気、福山潤等出演者陣からはキャラクターのセリフになぞらえて、タイアップアーティストとして交流のある『感覚ピエロ』からは「共演しよう!」と、それぞれ愛のあふれるメッセージが寄せられた。
メッセージとメッセージを見た梶原のリアクション動画は、YouTubeにて公開中だ。

▼梶原岳人アーティストデビューお祝いコメント動画


【梶原岳人本人コメント】
<アーティストデビューについて>
音楽は幼少期から自分の生活には切っても切り離せない存在で、いつも自分の表現の軸のひとつでした。
音楽でしか表現できない感情や伝えたいたくさんのこと、いまの自分にしか出せないものを、聴いてくださる方々に届けられるようにしたいです。

<テレビアニメ『ブラッククローバー』のEDタイアップについて>
ブラッククローバーから、そしてアスタから僕が得たことは計りしれないほど大きなものでした。
そして、そのおかげで僕が自分の中に積み上げてこれたたくさんの財産を、今度は僕が別の形でブラクロに恩を返せるようになれればと思います!

<『A Walk』について>
打ち合わせの段階からスタッフのみなさんと一緒にかなり深いところまで練り上げてきま
した。
歌詞の細かいニュアンスや楽曲の方向性など…こんなに意見を言っていいのか(笑)
と思うほどたくさんお話を聞いていただきました。
それだけ熱意を込めて作り上げたので、ぜひ細部まで聴き込んでほしいです!

アニメージュプラス編集部