• 新ビジュアルも公開に! 『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』第七話あらすじ&先行カット
  • 新ビジュアルも公開に! 『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』第七話あらすじ&先行カット
2020.08.11

新ビジュアルも公開に! 『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』第七話あらすじ&先行カット

いよいよ「新大陸冒険編」へ!(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

2020年7月3日よりMBS・TBS・BS-TBSほか全20局にて25時55分より放送がスタートした『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』、その第七話の先行カット&あらすじが到着した。

『炎炎ノ消防隊』は、講談社『週刊少年マガジン』にて連載中の大久保篤によるバトルファンタジー漫画をアニメ化した作品。人が突如燃え出し、炎の怪物「焔ビト」となって破壊の限りを尽くす「人体発火現象」が発生する世界で、その脅威に立ち向かう特殊消防官となった少年・森羅日下部(シンラ・クサカベ)の活躍を描く物語。
「壱ノ章」は、事件の裏で暗躍する伝導者の一味となっていた森羅の弟・象(ショウ)との対決を経て、森羅が消防官を志したきっかけとなる事件の真相が語られたところで幕を閉じている。

「新大陸冒険編」へと本格的に突入する第七話では、元 “楽園”(オアシス)の住人である、モグラのスコップ(CV:伊藤 健太郎)と、カラスのヤータ(CV:速水奨)が初登場する。

彼らはシンラたち特殊消防隊と、どのように関わってくるのか!?
謎に満ちた大陸での新たな冒険にご注目!

<第七話「楽園への道」>
物語の舞台は、新たな大陸へ──。
シンラたちは、伝導者と “アドラバースト” の謎を探るため、東京皇国の外へと出る任務に就く。
目指す先は「空間の裂け目」。弐佰伍拾年前の “大災害” の傷跡を色濃く残す地で、シンラたちに待ち受ける出会いとは。


>>>第七話の先行場面カットをすべて見る

(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

アニメージュプラス編集部